学生/研究員募集

 

博士前期・後期課程への入学を希望する方

 東京都立大学認知心理学研究室では、大学院修士・博士課程の学生を募集しております(募集要項等はこちら
 本研究室では、主に行動指標を中心とした認知心理学研究や感情心理学研究を行っております。また、教員の共同研究者と連携することにより、生理指標や神経科学的手法を利用した研究や工学的・情報学的デバイスを用いた研究などを行える場合もあります(ただし,これらをメインにした修論や博士論の研究を行いたい場合は他の研究室をおすすめします)。
 教員の興味は比較的幅広いため、研究テーマに関しては、知覚・認知・感情・学習あたりに関連するものであれば、なんでもOKです。
 2019年度に発足したばかりの新しい研究室のため、学生は少なく(修士1名、学部3年生2名)、教員からのきめ細やかな指導を受けることが可能です。
また、やる気さえあれば、実験室を長時間使用することもできます。

留学生としての所属を希望する方

※研究生は修士号を取得している方が対象になります。学部卒のみの方は研究生の出願資格がありません。
 大学院に関しては,心理学または関連分野(神経科学,感性工学,人間工学,看護学,言語聴覚学,行動経済学など,人間を対象とした研究を行っている分野)での学士を取得している方の受け入れは積極的に行っております。
 一方で,それ以外の分野の出身の方の受け入れはあまり積極的に行っておりません。心理学の研究を行うためには,心理学の専門知識だけではなく,統計学(多変量解析を含む),研究倫理,研究計画法,プログラミングなどの,多様な知識が必要になります。留学生の方の場合は,これらに加えて,日本の環境への適応や日本語能力の習得が必要になります。経験上,これらを同時に行うことはかなり困難であるということがわかっているため,上記分野以外の方の受け入れには慎重になっています。

研究員としての所属を希望する方

 申し訳ございませんが、現状では研究員としてフルタイム雇用するだけの財源を本研究室では有しておりません。ただし、リサーチアシスタントとして週2、3日程度雇用することは可能ですので、もし本研究室に所属し、研究活動を行いたい方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。
 また、日本学術振興会特別研究員PD/RPDの受け入れは随時行っておりますので、遠慮なくご相談ください。

研究生としての所属を希望する方

 本研究室では研究生の受け入れも行っております。ただし、心理学教室のルールで「大学院修士課程修了もしくはそれに相当する経歴をお持ちの方」に限定させていただいております。

事前連絡
本研究室に興味がある方がいらっしゃいましたら、下記メールアドレス宛にお気軽にお問い合わせください。
ミスマッチを防ぐために事前の研究室訪問を推奨しております。
大学院入試に合格するためには,事前に十分な準備を行う必要があります。できるだけ受験日の3ヶ月以上前にはご連絡ください。
kazuyainoue[at]k-inoue.info
[at]は@にご変更ください。