学生/研究員募集

 

博士前期・後期課程への入学を希望する方

 首都大学東京認知心理学研究室では、大学院修士・博士課程の学生を募集しております(募集要項等はこちら
 本研究室では、主に行動指標を中心とした認知心理学研究や感情心理学研究を行っておりますが、教員の共同研究者と連携することにより、生理指標や神経科学的手法を利用した研究や工学的・情報学的デバイスを用いた研究などを行うことも可能です。
 教員の興味は比較的幅広いため、研究テーマに関しては、知覚・認知・感情・学習あたりに関連するものであれば、なんでもOKです。
 2019年度に発足したばかりの新しい研究室のため、学生は少なく(修士1名、学部3年生2名)、教員からのきめ細やかな指導を受けることが可能です。
また、やる気さえあれば、実験室を長時間使用することもできます。

研究員としての所属を希望する方

 申し訳ございませんが、現状では研究員としてフルタイム雇用するだけの財源を本研究室では有しておりません。ただし、リサーチアシスタントとして週2、3日程度雇用することは可能ですので、もし本研究室に所属し、研究活動を行いたい方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。
 また、日本学術振興会特別研究員PD/RPDの受け入れは随時行っておりますので、遠慮なくご相談ください。

研究生としての所属を希望する方

 本研究室では研究生の受け入れも行っております。ただし、心理学教室のルールで「大学院修士課程修了もしくはそれに相当する経歴をお持ちの方」に限定させていただいております。

事前連絡
本研究室に興味がある方がいらっしゃいましたら、下記メールアドレス宛にお気軽にお問い合わせください。
ミスマッチを防ぐために事前の研究室訪問を推奨しております。
kazuyainoue[at]k-inoue.info
[at]は@にご変更ください。