Journal of Health Psychology Researchに論文が採択されました。

日本健康心理学会の学術誌であるJournal of Health Psychology Researchに下記論文が採択されました。

Inoue, K., Otake, K., & Sato, N. (accepted). Satiety change elicited by repeated exposure to the visual appearance of food: Importance of attention and simulating eating action. Journal of Health Psychology Research.

本論文では、食べ物の動画を反復提示することによって食欲の変化が生じること、またそのような変化が生じるためには動画に注意を向けることと食行動のシミュレーションが重要であることを明らかにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です